ニュース

製品情報

好調が続くタチウオの釣り方をご紹介

絶好調が続く東京湾のタチウオ釣り。釣って楽しい、食べて美味しいタチウオのジギングを紹介します。
現在、東京湾のタチウオは、水深50メートル前後の底から20メートル位までの範囲に居ることが多いようです。

P9140484

釣り方


1. 
ポイントに到着すると、船長が「水深50メートル、底から20メートルを探ってください」とアナウンスをしてくれます。

2. まずは、メタルジグを底まで落とします。メタルジグが落ちていく最中にアタリがあることが多いので、竿先から水面に伸びている糸の動きに注意してください。アタリは、コツっと手元に伝わってきたり、一定のスピードで落ちていく糸がピタッと止まったりと様々です。その時には、リールを素早く巻きながら竿を上げてください。

3. 魚の重さが竿に伝わってきたら、そのままリールを巻き続けます。タチウオは上に泳いでくることがありますので、重さが感じなくなってしまってもリールを巻き続けてください。

4. メタルジグが底に着くまでアタリが無かったら、船長がアナウンスをした水深までジグを上げていきます。初心者の方は、竿は動かさずリールを一定のスピードで巻いてください。早く巻いたほうがいい時もあれば、ゆっくりと巻いたほうがいい時もあります。アタリがなければ色々と巻くスピードを試してみてください。巻いている最中に一瞬だけ巻くのを止めてみるのも効果的です。

P7110996

巻きあげている時のアタリは、ゴツンと伝わってくる時やコツッとだけ伝わる時、ジグの重さがフッと感じられなくなる時など様々です。何かおかしいなと思ったら、リールを巻きながら竿を上げてみてください。

 

メタルジグの選び方

 

メタルジグの種類はオーシャンドミネーターのセンターバランスの100g、120g、150gやスピードフォールの100g、125g、150gなどを持っていると対応できるでしょう。これらのジグを潮の流れや水深、タチウオの活性によって使い分けていきます。

アタリが無い時には、ジグの色を変えることもお薦めです。タチウオはメタルジグの色によって反応が変わることが多いので、イワシカラー、紫、赤金、ピンク、シルバーなどを持っていくと、その日のアタリカラーが見つけられると思います。

ODJigCSample
カラーはこの他にも船宿オリジナルカラーもありますので、オススメです。

タチウオは手軽にゲーム性も高く、手軽に楽しめて、しかも食べて美味しい釣りです。ぜひこの夏楽しんでみてください。分からないことがあったら、遠慮せずに船長さんに何でも聞いてみると色々と教えてくれますよ。